断食ダイエットの落とし穴

公開日: 

私は昔から太りやすい体質であったので、小さい時から体重が人より少し重かったのがコンプレックスでした。

それが原因で人に指摘されたりするのですが、それが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

そのコンプレックスを非常に気にし始めたのが高校3年生の夏で、受験勉強をしなければいけなかったため、運動する頻度が大幅に減り、さらに太っていくのを感じていました。

このままでは本当に馬鹿にされ続けると思いました。

そこで受験が終了したのをきっかけにダイエットを始めました。

私はプチ断食ダイエットをすることにしました。

朝ごはんは普通に食べるのですが、昼ごはんを食べず、夜ごはんは炭水化物を抜くという方法をとりました。

間食は絶対にしないようにしました。

運動は週に2?3回程度走ることにしました。

このダイエットを約2ヶ月続けました。

その結果、5kg程度体重を落とすことに成功しました。

これでコンプレックスが解消されると思いました。

しかし、断食を行なっていると好きなものが食べられなくなってしまいます。

一回だけ…と思いつつ食べ放題のお店に行ってしました。

そこで食べたご飯が本当に美味しく感じられました。

その結果、前の生活に逆戻りしてしまい、太ったままです。

このことを通じて、断食ダイエットというのは健康に非常によくない方法だと分かったので、今後は運動系でダイエット方法を検討したいと思っています。

いつかは成功させたい私のダイエット!!

私は今までいろんなダイエットをしてきました。

しかし、成功したことは一度もありません・・・。

いつも必ず途中で心が折れてしまったり、誘惑に負けてしまったりしてしまうのです。

私がダイエットを始めようと思ったきっかけは飲みに行った先のスナックのママから言われた一言でした。

ママから体重を聞かれ、正直に答えたら意外にあるわねと言われてしまいました。

この言葉が悔しくてダイエットを決意しました。

まず始めたのはウォーキングでした。

お金もかからないし、すぐ始められると思って始めたのですがこれがまったく続きませんでした。

始めたばかりの時は音楽を聞きながら歩くのが楽しかったのですが、回数を重ねていくうちにだんだんと外に出るのが億劫になり辞めてしまいました。

次は腹筋マシーンを使ったダイエットでした。

これも始めは外に出なくていいし、テレビを見ながら出来るからテレビを見るのが好きな私にはちょうどいいと思っていました。

しかし、すぐに腹筋が筋肉痛になり痛さに負けてこれも辞めてしまいました。

そして、炭水化物抜きダイエットです。

炭水化物を完全に抜くのはつらいのでいつもの半分くらいの量で我慢しようと試みました。

しかし、お米が大好きな私には全く合わず、気が付いたら3日ほどでいつもの量に戻っていました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑