一日一杯、牛丼ダイエット

公開日: 

私が十数年前に実践したダイエット法は、一日一杯の牛丼だけを食べる生活を一ヶ月続ける「一日一杯牛丼ダイエット」でした。

仕事のストレスによる暴飲暴食で、見事に増えてしまった体重。

どうにかして痩せたいと思った私は、巷で当時流行していた「一品ダイエット」を実践する事にしました。

とはいえ、基本的に食べる事が大好きな私。

りんごだけ・豆腐だけではすぐに挫折するに違いない…そんな時ふと考えたのが、

「好きな食べ物であれば続けられるのではないか」―

ハンバーガー、フライドチキン、牛丼、カレーライス、ラーメン…などの中から私が一品だけ選んだのが、一番あっさりしていそうな「牛丼」でした。

但し、やはりカロリーは気になる。

そこで、一日一杯だけという制約を設けました。

今まで暴飲暴食で浪費していた分、食費も浮いて一石二鳥。

これはいいアイデアだとこの時は軽く考えていました。

…いざ始めてみると、就寝時に襲う空腹感はそれはもう半端なものではありません。

それでも、一日一杯だけど好きなものが食べられる事だけを励みにぐっと我慢…。

一日一回の昼食が本当に本当に待ち遠しくて仕方ありませんでした。

1週間が経過した頃から、胃袋が縮んできて空腹感もそれほどではなくなり、体重計でその効果を実感する度にモチベーションも上がって行きました。

最終的には、一ヶ月で10kgの減量。

これは私の人生で一番、短期間で達成した記録です。

しかも、胃袋が縮んだお陰で必要以上に食べ過ぎる事も無くなったのです。

体重も減った上に生活習慣も改善出来て、ダイエットは大成功を収めたのでした。

牛丼を見るのが嫌になり、それからはめっきり食べなくなってしまった事を除いては。

熱い思いがあったからできたかな

ファンクラブの企画で、憧れの歌手とのツーショット撮影に当選した時に、ちょっと緩んだ身体とフェイスラインをシャープにしようと思い立ちダイエットに取り組みました。

これまでに水を一日2リットル飲むといいとか、コアリズムがいいとか・・・いろいろ聞いていたものを次々にやりました。

朝起きてから水飲みスタート。

有酸素運動は始めてから20分を超えてからでないと脂肪燃焼の開始に至らないらしいので、まず犬の散歩に40分。

犬は喜び自分にもいい、一石二鳥でした。

帰ってからはコアリズムに取り組みました。

DVDを見ながら腰をグリングリン。

運動は苦手なので楽にできるかと思っていましたが結構ハードで、終わるころには汗が吹き出ました。

食事は野菜と豆腐や納豆を中心にして、ご飯は控えめにしました。

間食は基本取らないように心がけましたが、やみくもな制限でストレスを溜めないように、おからでできたクッキーを時たま口にしました。

そして夕食後にはステッパーを30分程度踏んで汗を流してお風呂へ。

本を読みながら顔ヨガをしたり、一時間近くの半身浴で汗を流したり、気になる脚を下腹部のマッサージをしました。

期間は一ヶ月弱でした。

体重の変化は大きくはなかったですが絞まりました!特にリバウンドしていないので、いちおう成功しました。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑